TRIP REPORT

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

11月10日(土)・11日(日)の2日間、広島市中区の袋町公園で開催された「The Trunk Market」のフォトレポートをお届け。


「ひと手間かかった付加価値のある上質な商品やサービスを、公園で人と人とがふれあい、地域の産品や製品の工芸品を紹介し伝えていく、蚤の市。」というコンセプトのもと、地域活性化を目的に始まった「The Trunk Market」。「ハイエンドな蚤の市」として話題になり、約2万人が訪れる人気イベントとなっている。

11回目を迎えた今回も、広島県内や東京、福岡など様々な地域から、アパレル、雑貨、飲食店が集まり、オリジナリティあふれる商品やサービスが展示された。


イベント初日。早朝から会場設営を始める地元ボランティアスタッフの皆さん。


地元で収穫された小麦と自家製自然酵母で作られたパン。絶えず行列ができ、イベント終了時刻前に商品が完売してしまっていたほどの人気店。
(ANT BAKERY by mugimugi/広島)


「マーケット」らしい、地元で収穫された新鮮な野菜や果物をお手ごろ価格で販売するお店。
(ベジコ/広島)


国産無添加の生姜を使ったジンジャーシロップの販売店。牛乳で割ったチャイや炭酸水で割ったジンジャーエールは女性に人気。
(ジンジャーダイヤモンド/広島・福山)


お隣山口県から出店の酒造。従来の日本酒のイメージとは一線を画す、シンプルでミニマルなパッケージデザインが目を引いていた。
(大嶺酒造/山口)


球体のドライフラワーアレンジメントを販売するショップ。ブース内は落ち葉でデコレーションされ、完成度の高い演出が道行く人の目を楽しませていた。
(SHAMROCK/広島)


インダストリアル照明専門のオンラインショップ。普段なかなかお目にかかれない無骨でヴィンテージ感のある珍しい照明達が、骨董市さながら所狭しと陳列されていた。
(THE HUNT/福岡)。


アパレルは、Trunk Marketではお馴染となる人気ブランドから、今回初出店となる旬なブランドまで、話題のショップが軒を連ねる。


そして今回で4回目の出店となるCITERA®。
わざわざCITERA®を見に足を運んでいただいた皆様、そしてこの機会にブランドを知っていただいた皆様、ありがとうございました。


さわやかな秋晴れに恵まれた2日間。
ここでしか目にすることの出来ないお目当てのブランドや商品を見に来る方、「蚤の市」らしい一期一会の出会いを求め、気ままに回遊される方、散歩がてらふらっと立ち寄った方などなど、多くの来場者で賑わい、思い思いにこのイベントを楽しんでいた。






BACK TO INDEX