PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

 

スーツの使い方がわからない。
スーツを着なければいけない仕事についたことがない。
なので、着る側としての心得みたいなものを知らない。
夏の暑い時に大変だな、なんて思うけど、Tシャツ着てたって暑いのは変わらないわけだから、あまり大変ではないだろう、なんて思ったり。
スーツを着ていることよりも、ネクタイを締めていることがそう見せているように思う。
ネクタイ締めてる姿って格好いいから憧れるけど。





昨今では、暑い時期はネクタイを締めなくてもいいなんてことにもなってるし、普段着勤務OKな銀行もあるって耳にするし。
世の中変わってきたんだなと思う。
そうなるとこっちとしてはスーツを着てみたくなる。
天邪鬼ってわけではない(と思っている)のに、自然とそんな気持ちになってくる。
歳を重ねてきたからか、これまで避けてきたものを取り入れたくなってくる。





そうなるとオーダースーツでも、なんて思いそうだがそこまで本気ではなく、これまでの普段着の延長線で気負わずに着られるものが欲しい。
と思ったので作り始めたわけです。
だから、ビジネス向けに作ったわけでもないのだけど、その用途で使ってもらっても全然いいわけで。
もちろん許される職場であればの話。


作ってみて分かったことは、需要があるということ。
多分このくらい気負ってないスーツが無いってことなのでしょうね。
確かに、コム・デ・ギャルソンだとファッショナブル過ぎるし、スポーツ・アウトドアブランドやセレクトショップのものだと見た目は普通過ぎるし。






扱いやすいということもあるのかな。
自宅で洗濯できるし。
そもそも縫い目のパッカリングで結構シワっぽくなってるから、洗いっぱなしでもバッグに突っ込んでシワくちゃでも「そういうやつなんだろう」って思えるし。
とにかく気にせず手荒に扱える。

自分の場合、本来のちゃんとしたジャケットだと、大して高くないものでも背もたれに寄りかかって腰掛けていると「シワになってないかな?」とか「肘つくとテカるかも?」とか「襟とか袖口汚したく無いなぁ」なんて気になっちゃって落ち着いて着ていられないから、結局着なくなる。





普段着通りに洗濯機に突っ込めるってのはいい。
機能的なことは「ここ」に詳しく書いてあるので読んでもらえるとわかります。
機能的だから着るというよりも、デザインと扱いやすさ、それとこれまでスーツは着てこなかったけど、年齢的に着てみたくなったな~、なんて人たちに強く勧めます。
もちろん、ちょっとだけ洒落た雰囲気(本来の"洒落たスーツ"とは違う方向で)でスーツを着たい人にも。



誰が着たっていいし、どんな着方だって大丈夫。
デニムにも合わせられるし、チノパンにも合うし、スウェットパンツにだって似合う。
本人の気持ち次第だけど、どれも格好いいと思うし、実際そうやって着てますし。

このスーツに限らずだけど、CITERA®のウェアを着て飛行機に乗る機会が割とあるのだけど、ほんと楽。
シートの上で長時間ぐずぐずになっててもウェア自体はぐずぐずにならないので、是非とも一度試してもらいたいものです。



BACK TO INDEX