PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

 

今月CITERA® POINT PROGRAMが始まった。
正確に言うと、「POINT PROGRAMのポイント交換アイテムが出来上がった」だ。
これはCITERA®アイテムの購入額に対し5%のポイントがもらえ、そのポイントをそれ専用のアイテムに交換できるという仕組み。
まあよくあるポイントプログラムである。




で、その交換内容とは。
今回は4,000ポイントでCOLLECTION POUCH(レザーポーチ)、1,000ポイントでSOUVENIR TOTE(キャンバストートバッグ)と交換出来る。
「今回は」とつけたのは、毎シーズンこの交換用商品は変えるから(予定ね)。
商品を作る際に4,000ポイントを持っている人数に合わせた数量で作ったため、その後に4,000ポイントを得た人もいることを考えると、ポイント交換できる人数に対してアイテム数は少ないということ。
なのでポイントを持っている人はすぐに交換をしておいたほうが良いですよ。
(※お持ちのポイントはログイン後、マイページよりご確認いただけます。)



もちろん、「今回のやつはいらないかなぁ」という人は次回を待ってもいいと思います。次回どんなものが出るかは不明だけど……。





今回のレザーポーチには、しっとりとした質感がクセになるエルク(大鹿)レザーを使っていて、基本的にこれは僕が財布として使いたくて作ったもの。
なのでカードが5枚くらい入るポケット×2、お札用ポケット×1。小銭用ポケットはない。
なんで小銭用ポケットがないかと言うと、僕の場合、財布として売っているものではないものを財布として使うクセがある。
なので小銭入れは別途自分で用意しそれをその財布に入れて使う。
でもまあ最近は電子マネー化で小銭を使う機会がかなり減ってきたから、そんなことをしなくても良いのかも。




ちなみに、写真で小銭入れとして使っているものは「pake」というパケブランドのThe Clandestineという小さめのパケ。
これを円、ポンド、ユーロ、ドルと分けて使い回すために何色か買っておいた。

財布として使うので普段ストラップは外してあるけど、ストラップはカバンに入れてあるので場合によっては肩掛けにして使ってて「あ、便利だな」と思う瞬間がよくある。
大きさ的には一般的なサコッシュとかよりも小さいです。



これは特別なアイテムなので正確に販売価格は検討していないのでアレですが、もし売り物だったら2万円代後半にはなる代物かなと。
良いレザー使ってますし、細かい作りの部分もあったり、金具もしっかりしたものなので、そうなるとやっぱりそこそこしますね。

何でそんなものを用意したかというと、「ウェブでしか買えないブランド」に対する皆さんのサポートに感謝しているからです。





もちろん試着ができるトライアルサービスがあったりしますが、それでもやっぱりリスクがあるというか、まだまだお店に行って買い物するよりも「不安」要素の多いブランドです。
なので皆さんのその不安を恐れず参加してくれる姿勢に対する「恩返し」になるかはわかりませんが、何か返したかったからです。
もちろん4,000ポイントに満たない方にも何かを、と思っているのでトートバッグも用意してあります。

4,000ポイントをトート4個に換えても構いませんよ。
もちろんケチ臭く金額的なことを言えば、そっちの方が損ですけどね。

そんなわけで、今後もシーズンごとに何かしらの実用品を特別に作るので、それをポイントと交換してもらえればと思っています。
いつも本当にありがとう、感謝しています。








BACK TO INDEX