PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

STORY 第13回目はMALIBUシリーズ (BDU MALIBU SHIRTS / 6P MALIBU SHORTS)について。
BDUは"Battle Dressed Uniform" の略。
ということを知ったのは数年前のこと。
当たり前の様に 「BDUシャツ」とか「BDUジャケット」と言ってはいたが、 正直それが何の意味であるかを 考えたり調べたりすることはなかった。
その意味を知りたいことよりもこの形が異常なほど好きであり、 もうそれだけで十分だったのだろう。

好きすぎるのはいいのだけれど、 さすがに本物のミリタリーウェアを着るのは 年齢的になのか抵抗が出てきたので、 自然とCITERA® で作ってみようと思った。
しかし、CITERA® で作る以上、 快適性や都市での生活に合ったモノにしなければ 意味も面白みもない。
そしてBDUジャケットがかっこいいと思えるのは コットンで作られているからであって、 安易に化繊の機能素材で作っても魅力的になるとは思えない。
なぜなら、コットンで少々荒っぽく見えるからこそ格好いい、 と思っているのだから。
それを大人が着てもユルくなり過ぎず、 なおかつ快適であるからこそ 現代における"Battle Dressed Uniform" になるわけで、 それに見合った生地を作ってこそCITERA® なのである。

通気性のあるあまい織り方なので、 風を通しながらも強い日差しからは身を守る。
室内では冷房の冷気を遮り、 糸と糸の間にある隙間が空気を溜め込むので、 寒い時期はアウターの下に着ることで しっかり暖をとることもできる。
年中活躍できるシーズンレスな優れものだ。

そしてこの生地でショーツも作ったのだが、 暑い夏にショーツ内を風が通り抜けることを想像してみて欲しい。
それはまるで 「MALIBUの海岸線をオープンカーで走っている爽快感」 と例えたくなるほどだ。
そんな想像をしていると、 東京の暑い夏にはついつい下着なしで外出したくなりそうだ。
もちろんオススメはしない。
昼間の強い日差しに後ろから照らされでもしたら、 透けて中が見えることはないが、 体のシルエットはわかる可能性がある。
どうしても下着をつけないで外出してみたいのなら、 夜間に限ってトライしてみるのもいいかもしれない。
あなたのショーツの中を夜風が走り去っていくのを感じるだろう。

その時、 「これがMALIBUの海岸線を オープンカーで走っている爽快感か…」 とあなたは思うに違いない。





BACK TO INDEX