PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

STORY 第12 回目はNEOCITY-65 について。
POLARTEC社製NEOSHELLという素材を使い、 先シーズンはパーカータイプ、今シーズンはM65タイプで シーズン問わず通年使えるシェルアウターをリリースしました。
CITERA® は従来のファッションブランド特有の 「シーズン制」とは少し違った提案を行っていることを、 このNEOCITYシリーズを通してお話しましょう。

CITERA® でも基本は、1 年を春夏・秋冬と2 つに分けた 「2シーズン制」としています。
しかし、全てのアイテムの総入れ替えは行っていません。
それは、1 年間を1シーズンとして捉え 段階的にリリースすることで、 ユーザーそれぞれの活動環境に合ったアイテムを ピックアップしてもらいたい、と考えたためです。
国内だけでも北から南まで各地域で、 ユーザーそれぞれの活動環境は違います。
夏であっても時間によっては温かいウェアが必要な場所もあれば、 またその逆もあります。
さらに、寒暖の差や予測不可能な気温の変化も起こりうる 近年の気象事情。
そして、日々の移動の中で 異なる温度環境を行き来することも考えると、 体を温かく保つもの、涼しく保つものが 同時に必要となってきます。
ACTIVE TRANSFER WEARとは、 そういったそれぞれの活動環境において「今、何が必要か」も含め、 快適に活動できる衣服と考えます。

以前にNEOCITY PARKAを紹介した時、 「CITERA®というブランドを最も表しているアイテム」と 紹介しました。
それは上記のことを踏まえ、 通年で使える快適で優れた機能性を持った素材で、 レイヤリングを行えるアイテムだからです。
この素材が通年で活躍できる最大のポイントは、 肌に触れる内側のトリコット素材が持つ「起毛性」。
寒い時であれば感覚的に温かさが得られ、 暑い時はサラりとベタつかない。
当然、防水性・透湿性共に納得のできる数値を持つ素材ですが、 体感上分かりづらい細かな数値よりも、 実際に感覚としてその機能を感じたいと思うのが 人というものです。
街着として着用でき、 軽度のアウトドア環境に必要な機能を持った上で 感覚的にその機能性を感じられるものこそが、 現実的なモダンウェアであると思っています。

NEOCITYシリーズを既に体感しているユーザーの方は、 引き続きその肌心地を様々な環境で楽しんでみてください。
これから体感される方は、その肌心地を想像し、 ご自身のどの環境でそれを発揮させるのかを考えるのも 楽しいのではないでしょうか。
若干の季節性に合わせた2 つの形を提案することで、 それぞれの環境や気分による選択の幅も広がります。
そういったことで、CITERA® 独自のスタイルを 少しずつ進められればと思っています。

ここまで小難しく理屈を長々と並べてきましたが、 結局のところ 「外でも中でも、都会でも自然でも、気温差がある現代では 軽く肌触りのよいものを鞄に1 枚突っ込んでおけば役に立つ!」 ということが言いたかっただけなのです。





BACK TO INDEX