PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

 

まだちょっと暑い日があったりするので半袖で過ごす日は続きますが、朝晩や雨の日などはうっすら肌寒い時もあったりするので、そんな微妙な時に着れるスウェットが欲しかったけど、実はそういうのってあっても買わなかったりする。やはり買うとなると普通のボリュームのスウェットの方が買いやすい。ロンTとスウェットの間くらいとなると、どこか勿体無く感じてしまうのが人ってもんだ。




自分自身が実際そうなのだ。コストパフォーマンスがどうのということでもないのに、どこか勿体無く感じていたのは何故だろうか?これまでも普通のスウェットよりも高い金額のロンTだっていくつも買っている。そっちの方がよっぽど勿体無いのに躊躇なく買っていた。「薄いスウェット」に対して「勿体無い」と感じてしまうのは、単純に買い慣れていないからそう思ってしまうのではないか?

その観点から、スウェットに求めるものってなんだ?と考えてみると、それは思うに「暖かさ」なのだろう。だからこそ「薄いスウェット」こそ着る意味が無いし買うのは勿体無い、と思えてしまう。世の中を見回してみても、確かに薄いスウェットは少ない。誰もがそう思ってしまうことで需要が少なく、普通のボリュームのものに比べると市場に出る数は極端に少ないのだろう。






そう冷静に考えれば考える程欲しくなってしまう。じゃあ逆に考えてみよう。季節の変わり目にTシャツの上に着るなら何を着る?シャツだと寒そうだ、普通のスウェットだと暑そうだしかさばりもするし、かといって薄めのシェルJKTというのはやり過ぎで違うしなぁ。そうなった時に大体手に取るのが、薄手のコットンのニット。薄手のコットンニットって沢山ある。薄手のコットンニットはいいのに、薄手のスウェットってダメな理由はあるか?いや、ないよな。薄手のニットってすぐどこかに引っ掛けて(大体カギとかキーホルダーリングとかバッグのどこかとか)抜けたり穴開けたり。あとデレデレになったりとかね。うっかりハンガーに干してしまって両肩に突起ができちゃったりね。

そう思うと、薄手のニットより薄手のスウェットの方が全然使いやすいじゃん!と思ったわけですよ。そしたらさらに欲しくなっちゃってね。さらに、薄手のスウェットってあったとしても春夏に出てくる。随分前に働いていた会社でも春夏に出していたし。


そんなわけでCITERA®で薄手のスウェットを作ってみようとなったけど、当然の様に「秋冬に薄手かぁ」と思いました。でもね、こちらについてもよ~く考えてみると「秋冬だからこそなんじゃないの?」と思えた点がいくつもあったんですよ。

まず、先にも書きましたが季節の変わり目にはちょうどいいという点ね。それからダブつかない。厚手のものって実は脇とか肩のあたりが重ね着した時に生地が余って心地よくない時がある。あと、毎シーズンジャケットを出しているCITERA®としては、ジャケットの下に着るなら薄いものの方が着やすい。先シーズンは中綿のジャケットや、今季はポーラテックの剥き出しで使える中綿素材のものを出してるので、薄いくらいがちょうどいいわけだし。どうせ真冬にはダウンとか結構なボリュームのものを着るわけだから、中は薄着くらいの方が着膨れや重ね着による心地悪さも起こさないしね。

という具合に、これまでの様な「薄いスウェット」に対するネガティブな思いは吹っ飛んだわけですよ。食わず嫌いならぬ、着ざる嫌い。いや、着たことがなかったわけではないのだけど、圧倒的に厚手のものに慣れていたというか、それが当たり前と思い込んでいたのだ。


そうそう、このスウェットの生地はいわゆる裏毛生地とは違いまして「インレイ」というものです。しかもイタリアからの舶来ものですよ。まあぱっと見たところでは「ミニ裏毛」と思ってしまう人もいると思いますが、その辺は着る際にはあまり関係ないと思います。知識として程度で。表面はうっすら起毛してるのでしっとりとした感触。そしてこの生地は5%ポリウレタンが含まれているので薄い裏毛と違って生地に戻りがあるのでデレっとならないし、生地自体がぬめっと体に吸い付いてくる雰囲気さえ感じられる。多分それは薄い上にラグランだからということもあるのだけど。でもね、とても質感の良い生地なので1枚買ったらもう1枚欲しくなってしまうと思う。

こういう生地についてのことってまず初めに書くのだろうけど、それじゃあ要件だけ言ってささっと帰っちゃうヤツみたいでつまらないでしょ。CITERA®はそういうブランドじゃないから。オンラインだと最低限必要なことだけ言ってればいいってものではないしね。ちゃんとどうしてこれを作りたかったか伝えないと意味がない。それを本当に伝えたいと思っているからね。


それがあるからこそアイテムの説明のことろにも書いてある「パジャマにしたくなる」ということもわかってもらえると思うから。






BACK TO INDEX