TRIP REPORT

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA

CITERA®クリエイティブ監修である梶原氏のアテンドによる3都市の旅リポート。
第2 回目はSan Francisco。
有名無名な場所を廻りながら、文化 発信の地に触れた2日間であった。

サンフランシスコに着き、まず訪れたのはサンセット地区。
サーフショップMOLLUSK SURF SHOPに行くとバリー・マッギー の作品を展示しているコーナーが。
既に作品は殆どSOLD OUT。
GENERAL STOREのバックヤードに行けば、乾燥地帯特有の植 物が強い太陽の光にも負けないオーラを放っている。
OUTERLANDSで軽めの昼食をとる。
この地でケールとビーン ズのスープ、天然酵母のトーストをビーガンぶって食べてみれば、 ORGANICやSUSTAINABLEという意識が普通のこととして根付 く理由が、頭ではなく体で感じられる様な気がしてくる。
海沿いエリア特有の"ゆるい" 空気のせいか?

Mollusk Surf Shop/ 4500 Irving Street San Francisco, CA 94122

General Store/ 4035 Judah Street San Francisco, CA 94122

歴史ある船着き場がマーケットになったFerry Building。
パン、アイスクリーム、コーヒー、チーズ、カップケーキ等、地元で も人気のショップが軒を連ねる。
どれも素敵な店構え。
観光客も多い商業施設にも関わらず、昔か ら存在している地元に根付いた商店街の様な雰囲気すらある。
ど れも個性があるのに一つにまとまって見えるのは、働いている人た ちの、歴史を持った古い建物に対する愛があるからだろう。

Ferry Building Marketplace/ One Ferry Building San Francisco, CA 94111

Ferry Buildingから歩くこと10 分程の場所にLevi's 本社はある。
1Fにはビジターセンターがあり、国宝級のデニムパンツや1915年~1970 年まで使われていた織り機などを展示。
Levi's 社の歴史の断片を見ることができる。
もちろんファクトリーストアーやカスタマイズが可能なテイラー ショップもあり、ショッピングも楽しめる。
Ferry BuildingからLevi'sというこのコンビネーションで廻ると、 どちらもその場所やブランドの「過去と現在」を感じることができ、 旅に深みが出てくる。
こういったことを感じられるのは、梶原氏ならではの粋な計らいである。

Levi's Market St./ 815 Market Street San Francisco, CA 94102

人それぞれではあるが、サンフランシスコと言えば「ビート文学」だ。
高校生の頃「路上」を読み、アレン・ギンズバーグに憧れ大きな黒ブチメガネをかけたり、分かりもしないジャズを聴いたり等、決し て文学に影響を受けたのではなく、「Beatnik」という言葉がもつ 格好よさに憧れていた。
しかし、実際に「ビートの聖地」と言われる City Lights Booksellers & Publishersに来れば、店内のそこか しこに残るその当時の断片と店の雰囲気から、ムーブメントが生ま れる程のオーラを強く感じずにはいられない。
薄暗い地下室にあるベンチに座れば、「ポエトリーリーディングが 始まるのではないか?」と思ってしまうほど。

City Lights Booksellers & Publishers/ 261 Columbus Avenue at Broadway San Francisco, CA 94133

City Lightsからホテルのあるユニオンスクエアまで歩いたのだ が、オフィス街を通り抜ける間に1939 年から続く英国紳士服専門 店がある。
それはCable Car Clothiers。
バーバーが併設されており、実際にカット台に座った紳士がサービ スを受けていた。
見たこともないパッケージデザインのメンズコスメが並んでいるの も気になったが、紳士が身につける全てのアイテムが豊富に揃っ ており、買う訳ではないが杖やハットが特に気になり物色。
いつかこの店で買い物をする日のために、勉強がてら見物するの もいい。

Cable Car Clothiers/110 Sutter Street San Francisco, CA 94104

スティーブ・ジョブズの有名な言葉が巨大モニターに映し出された のを見て、Appleのホームに来たことを実感。
その言葉の通り、このApple Union Squareは今まで見た中で豪快 な物だ。
通りに面した屋根まである巨大なガラス窓は街を呑込んで しまう程開き、店内の大きな植栽が目の前のユニオンスクエアと同 化して「公園に現れたAppleストア」とでも思ってしまいそうだ。

Apple Union Square/ 300 Post Street San Francisco, CA 94108

憧れのChez Panisseに来た。
1972 年バークレーに開店し、開店 時より全て地元産の食材を使う。
今主流の「地産地消」を広めた張 本人、アリス・ウォーターズの店である。
照明や家具がフランク・ロイド・ライトを思わせる洗練された作り であったことで、提供される料理への期待はもちろん、過剰なまでの 盛り付けやサービスは無いであろう、ということに気づく。
新鮮で良 い食材を選ぶこと自体が最高のサービスであり、店内に溢れるオー ナーの美意識とシェフの食材への愛情が、舌と心を満たしてくれる。
実際、前菜のサラダ、メイン、デザートこの3 皿でこんなにも満足 ができるなんて人生でそうあることではないはず。
シェパニーズでの食事は、アリス・ウォーターズとのシンプルで美 しいコミュニケーションだと思う。

Chez Panisse/ 1517 Shattuck Avenue Berkeley, CA 94709

アメリカに来ると必ずグローサリーストアに行く。
当然、梶原氏の アテンドにも組込まれている。
サンフランシスコで行ってみたかったのはBI-RITEとRAINBOW GROCERY。
BI-RITEは歴史もあり、かわいいパッケージのオリジナル加工食材 がお目当て。
もちろんオリジナルのキャンバストートも忘れずに。
一目見て分かる鮮度の高い食材、豊富な総菜等が小さな店内に所 狭しと並び、地元住民に愛される要素が至る所に見て取れる素晴ら しいお店。
RAINBOWは、大きな店内にレインボーカラーの装飾が為され、 各カテゴリーの種類も豊富。
食料品から日用品まで安全で環境に配慮された商品が整然と並 び、見るのに各棚30 分はかかりそうな程の充実ぶり。
グローサリーストアに訪れる理由は、その地を理解するための第一 の手段だからだ。

Bi-Rite/ 3639 18th Street San Francisco, CA 94110

Rainbow Grocery/ 1745 Folsom Street San Francisco, CA 94103



BACK TO INDEX