PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

 

一般的なレビュー記事がどんなものか分かりませんが、自分が使っている状態を報告する内容のメルマガ、という感じです。


まずBERLIN PACKですが、これはチェック柄を使ったバックパックを使いたいなと思って作りました。PC周りの細かいもの、財布、メガネやサングラスといった身につける小物などを別けて入れられる様、外にポケットを2つ設けて、あとは折り畳み傘とか上着とかを底のベルトに縛って納め、1、2泊程度で使えるサイズです。





普段だとPCとその周辺のものがメインで、スケッチブックやノート、文房具を入れてメインのポケットはかなりスカスカ。見た目もスッキリした感じです。僕の場合荷物に関して重要なのは、PC周りのものをどう持ち運ぶかということ。これまではコードやアダプター、SSDその他諸々を全てまとめて一つのオーガナイズバッグに入れてましたが、バッグ自体にその機能を持つポケットがあると、なんだか気持ち的に楽になれました。

バッグにはそれぞれが持つベストなシルエットがありますので、使う側としてはそれを極力崩さないことが重要で、無理に荷物を詰め込むと絶対にそのシルエットは維持できないし、それ以前に身軽にしたいことも踏まえても、できるだけ荷物は少ない方がいいわけです。


さてリジッドデニムのその後です。先日、初めて洗濯しました。去年の3月からはき始めてようやく。といっても日々はき込んでいたわけではないし、夏もほとんどはかなかったので全然育っていませんでした。デニムの道は長い……。







リジッドデニムが成長しなかったわけは、昨年の9月にリリースしたこの黒の加工デニムばかりをはいてしまったせいです。既に加工済みのものなのでその成長ぶりは分かりづらいのですが、加工のため生地が柔らかいせいかこちらの方が成長の進みは早い様です。もう股周囲のヒゲが出てます。


はきやすいので結構はいてしまいこの進み具合なのかもしれませんが、個人的にこれは色、仕様、形どれをとってもとても良い出来のデニムと思えます。はいた人の身体にすぐ馴染んでくれますし、先にヒゲとかはきシワの加工をしていないので、本当のシワとのズレもなくとてもナチュラルな成長具合になります。

バッグもデニムもですがどちらに対しても結構な偏愛なので、「気持ち悪い……。」と引かれてしまいそうですが、世間の目が怖くてデニム/バッグ愛好家をやってられるかい!と鼻息荒くしながら、バッグやデニムを夜な夜な愛でながら、外出自粛の日々を過ごしている次第です。もうすぐ次のシーズンに入りますので、引き続きよろしくお願いします!!


BACK TO INDEX