PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

 

関東では11月の終わり頃から寒くなってきまして、その辺りからこの2L CARGOをはき始めました。寒い日には最適です。このアイテム名にある2Lとは2 Layer(2層)の意味です。説明するまでもなく二重のカーゴパンツとなるわけです。しかもウール製でね。最近、世間で冬用のウール製カーゴパンツって目にしませんでしたし、純粋にそういうカーゴパンツが欲しかったわけでして。恐らく、ちゃんと探せばウール製カーゴパンツはどこかに売ってたとは思いますけど、それがあったとしても気に入ったものになるとは限りませんのでね。






大体ウールのパンツってなるとチクチクしない様に、ツルっとした仕上げの綺麗で上品なスラックスっぽい生地か、ツイードやヨーロピアンなゴツめの生地、そんなところです。その間くらいで上品な雰囲気を持ちつつしっかりと毛羽立ったウール感のあるものの方がこの歳ではくカーゴには合っているだろうと思ったわけです。しかもより暖かくポリエステルの裏地のある二重仕様に。二重にすると重みが出てしまうので、軽量のツルツルのポリ素材にすることで重量も増えない上にはいた感じも軽いので、ポリ製のトラックパンツでもはいている様な軽快なはき心地。









嬉しいことに結構なスピードでオリーブの方はほぼ売り切れてしまいましたが、黒はまだ少しありますのでここで気になった人はサイズを選べるうちに急いだ方がよいと思います。ちなみに僕は黒をはいています。サイトのスタイリング画像ではオリーブメインですが、これに関しては黒の方が好みかなと。まあ、普段黒系を着ることが多いってだけですけど。






形のことを言いますと、カーゴなので少しゆったりめにしてありますが、リブ裾で絞りが効いているためスポーティーなスタイリングです。股上も深からず浅からずの丁度よい設定なので、ダボつかないのにリラックスフィットといった雰囲気。






はいてて思うのは、カーゴパンツだけどカジュアル過ぎないのはやっぱりウールの上質な質感のおかげだなと。ジャケットとも合わせられるけど、それは「ジャケットスタイルをカーゴで外す!」みたいな雑誌の安っぽい提案の様なものではなく、ちゃんとジャケットに合わせられるほど大人っぽい上品なアイテムということです。とはいえリブで絞ってあるから立派なジャケットスタイルとはやっぱり言えないかな……。どちらにしても、これをバリバリのスーツとして着用する人なんていないと思いますけど。






しっかり暖かい真冬向けで機能性とファッション性を併せ持った、ありそうでないアイテムというところです。「ファッションは忍耐」なんてのとは程遠いものです。

全く関係ない話ですが、先日TVで萬田久子さんが自分のファッション感を話しているのを見まして、とても格好いい人だなと思いました。再放送だったので5年程前のものでしたが、50代後半でルブタンの18cmヒールを「ファッションは忍耐」と言いながらいつまでもはいていたいそうで、その心意気が格好いいなと思ったわけです。もちろん本人自体から「とてつもなく格好いいオーラ」がTV越しでも感じられましたけどね。






そんな風にはなれないけれど、同じ人間なので自分もそうありたい!という気持ちはあります。次元とかレベルは違うし比べる必要もないのですが、自分が納得できる格好いいと思えるものだけを着ていたいですし、CITERA®を気に入ってくれているあなたにもそれが共有できればと思っています。いつも適当に聞こえる様なことばかり言っていますが、適当に言っているのではなく本当に思うことであって、そんな自分を信じ「良い」と思えることをし、「良い」と納得できるものだけをCITERA®として皆さんに提案していきたいです。

今年も残すところ1ヶ月ですが、またすぐに新しい一年が始まりますので焦らずに。笑顔で床につける1日になる様に明日も大切に過ごしたいですね。そしてそれが日々重ねられることが幸せなのではないかと思います。それではまた次回に。








BACK TO INDEX