PRODUCT STORY

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA

異常な程の暑さが続いたこの夏。平成としての最後の夏。
その夏も終わりに差し掛かりこれから短いグラデーションの期間が訪れ、9月7日よりCITERA® 2018 FALL&WINTERがスタートします。

デビューから2年経ち、4回のコレクションが後ろにあり、新たなコレクションが目前にあります。

CITERA®に関わっていただいている方々、そして何よりCITERA®を実際に体験され、これを読んでいただいているあなたにお礼を言わせていただきたい思いでいっぱいです。

本当にありがとう。

敢えて「ございます」を付けなかったのは、その方がより気持ちが伝わるような気がしたからで、本当に思っていることなのに、この「ございます」があることで取ってつけたように感じるからです。

日本語って難しい。毎日浴びるように触れ、擦り切れそうになるまで使っているのに未だうまく伝えられなかったり、そんなつもりはないのに人を傷付けてしまったり。なかなかうまく使いこなせない。日本語というより、言葉というものは怒り溢れるロデオの牛のように乗りこなせないものですね。

ヘタをすれば相手にも自分にも怪我させてしまい、時に凶器のようなものになる。使う人次第でいかようにもなる。
言葉は使い方によって危険なものになってしまうけど、CITERA®はどんなに間違った使い方をしても危険が及ぶことはない、とても安全なもの。決して人の心に傷をつけるようなことにはならない。






 

ちょっと唐突過ぎたけれど、言葉と同じようにCITERA®がどういったものであり、また人とどう関わっていきたいのか。都市の中でどう機能したいのかなど、まだまだ伝えきれていない。WEBを通して、商品を通して、メルマガを通してetc. 。

ウェアブランドなんて星の数ほどはなくても、掃いて捨てるほどあり、伝えたいことやアイテム自体を、人の心や手に届けるまでもなく終わっていくものも少なくない。

出来るだけシンプルに削ぎ落とした形でストレートに伝えることができれば、少しは伝わるように思える。言葉も同じで余計な飾りがあることで伝わらなかったりするし、本質が見えづらくなりその飾りしか残らなかったりする。だからこそ「ありがとう」とだけ言いたい。

そう思うからこそ、CITERA® 2018 FALL&WINTERのアイテムもシンプルで削ぎ落とされた形で、直接的に伝わるものになればよい。
シンプルだけど「自分はこれを選ぶ」という強い意思が見える何か。
90年代によく使われた「ALTERNATIVE」という言葉のように。
「選ぶことができる」という強い意思。

世の中に流されずに自分が信じたものを選ぶ。もしくは選ぶ自分自身を信じる。
そういった個々の意思が都市には必要な気がする。
そして都市に機能するウェアがどんな形なのかを提供する側が作るのではなく、ALTERNATIVEな個人が集まりその集合が一つの形として形成され、これからの都市を作っていく。

2018 FALL&WINTERのCITERA®は、シンプルな考えや強い意思を持った人、またそうありたい人たちのためにある。活動的な日々の中で強い意思が様々な立場の人たちと支え合うことで、より強い世の中を作り出していけるのだと思う。

その中に常にCITERA®が存在していることが理想であり、そこを目指すのかもしれない。



 

BACK TO INDEX