DIRECTOR’S JOURNAL

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA®

LFOM Vol.15

last friday of month 2020.8.28

今年の夏はなかなかタフな夏でした。
酷暑とコロナと長雨と。
なんでしょうね、こんなに過酷な状態は。
神様なんているとは思っていないし、地球が意思を持っているとも思わないし、人類がどうのとか温暖化がどうのとかいう前に、「文明が進んでいくと結局生きにくい事態になる」という自分なりの解釈がある。
結構世の中行き詰まりな雰囲気出てるように思えなくもない。
かと言って、10年後隕石が降ってきて映画とかオカルトみたいなことになる、なんてことはないでしょうから、まだまだ世界は続くし、人にはどんな困難も乗り越えられる能力が備わっているとも思えるので、絶望的に考えているわけではないです。
それよりも、こんな混乱した(と言っても20世紀前半に比べたらどんなに生きやすいか)世の中だからこそ楽しいわけです。
これまでの常識ではくくれないことが溢れ出てくるし、テクノロジーの矛先は人体に侵入し始め不老不死だってありえなくもない?なんて誤解をしちゃいそうな、漫画の世界のように非現実的な中で生きている毎日が面白い。
おそらく20年前ではこんな毎日は想像できていなかったはず。
今日があるのは日々の積み重ねなので、今の生活に驚きや疑問なんて湧かないけど、実は我々はかなりぶっ飛んだ世界に生きていると思う。
でも、ギャートルズの時代の方がぶっ飛んでるのかも知れない。
マンモスがいて骨付き肉食べて……。

な~んてふざけてるんだか真面目に考えてるんだか、自分でもわからないこと書いていますけど、一つだけ言えることはCITERA®の秋冬に向けたアイテムがリリースされるまであと一週間ということ。
常に情報もアイテムもオンタイムでリリースしているので、あまり明確なシーズン分けをしているとは言えないブランドだけど、それでも秋冬シーズンの立ち上がりは一応あるのです。
ついこの間「春夏が~」なんて言った気もするし、今だって次の春夏のことをやってるから「シーズン?一体何がなんだかよくわからない!」というのが正直なところだけど、こうして半年に一回皆さんに新しいアイテムたちをお披露目できる時は気持ちが高ぶるし、心から嬉しい時期なのです。
9月4日の金曜日17時にメルマガが飛んで正式スタートになりますので、2020年秋冬もどうぞよろしくお願いします。

ということで今回は、先出しをしようかなと思います。
CITERA®はわりと、世の中の状況とか人の好みとか僕の気分に影響を受けているので、一見同じように見えるけど、実は結構変化が起こっている。
ただ、突然手を「パーンッ!」と打つように変わるということはないけど、何シーズンかかけてこっそり変わるという感じなので、日々の世の中の変わり方と似ているからわかりにくいかも。
でも冷静に物事を観察している人には伝わっているかも知れない。
いつまでも御託を並べるはやめておこう。
こうやって僕がまくし立ててるうちに、嫌気がさしてそっぽ向かれてしまったらせっかくの素敵なアイテムたちが台無しになってしまう。








AUTOBAHNから始まったスーツもの。



しっかりと打ち込まれながらも軽く光沢のある生地がとてもいい。
それに見合うようなシンプルなデザインに、止水ファスナーとその延長線上にある上下のパッカリングが目を惹いて、とてもシック。
パンツはサイドラインが静かに佇んでいるのがいい。
スナップ式ベルト仕様なのでこれまでのコード仕様より楽で、雰囲気が違うところもポイントです。










ロングスリーブの襟高Tシャツ。


これ気になった人は急いで買ってくださいね。
とてもいいですし人気もあるので足が早そうです。
中には何枚も買う方もいらっしゃるので。
とか言ってそんなことなかったりして……。
これは着てみてとてもよかったので、できるだけ早く着ていただきたいと思っています。
「いつまでもあると思うなCITERA®の商品」なんて標語も出そうなくらい最近無くなるものも少しづつ増えてきましたから。













さて、お次はオックスフォードのボタンダウンシャツ。







ポイントは2つ。
オックスフォード生地の裏側を起毛させてあるので肌心地がとてもよく、寒い時期にはぴったり。
そしてもう1つは、前立てとカフスにセルビッチを出してあるので、他のブランドみたいにプリントとか刺繍を入れずともしっかりとした主張があること。
これ重要。



とまあ今日はこのくらいにしておきましょう。
デリバリースケジュールも、9月の立ち上がり、9月末、10月初旬、10月中旬とありますので、メルマガなどでその都度アナウンスはしますが気にしておいていただけるとありがたいです。








さて、つい最近の文化的なトピックス、というか買った物を。
力石徹のモデル



こちらは出たばかりの「力石徹のモデルになった男 天才空手家 山崎照朝」。
この人は凄い、とにかく強さを極めた人。
お店に入れば絶対に角にしか座らない。
理由は……。
ゴルゴみたいな人ですねw。
ちょっと常人には理解しがたい鍛え方と精神の持ち主で格好良すぎです。








全ての賞を持つ男。


John Legend 「Bigger Love」。
先月リリースされたJohn Legendの新譜。
あらゆる賞を獲りデビュー20年も経たないうちにもう大御所感のある凄い人。
いつだっていい曲を書けるからスティービーワンダー級の偉人。
音楽マニアもそうでない人も楽しめるこの夏一番の真のエンターテイメントミュージック。






あぁ、なんだか色々あって頭の中がおかしくなりそうだけど、なんとかそれを冷静に保ちつつシーズン立ち上がりを迎えたいと思ってこれを書いています。
皆さんにちゃんとお見せできるまではもう少しですが、その一部だけでも見ていただきたいと思いお送りした今回。
来週9月4日は是非CITERA®のサイトにアクセスしてくださいね。
2020秋冬もどうぞよろしくお願いします。