DIRECTOR’S JOURNAL

Entries by Naoki Ei, the Director/Designer of CITERA

Music/Keith Jarrett Charlie Haiden

2017.07.04

ラジオで聴いてすぐに購入したCD。2007年Keith Jarrett自宅スタジオにて録音されたアルバムの2作目。1作目「Jasmin」に収められなかったものがこのアルバム。

温かいメロディが、お話上手の老人2人による穏やかな会話のようでとても落ち着く。ラジオ聴いてる感覚というか。ジャズがどうであるとか関係なく、空間を邪魔せず良い空気にする魔法のエフェクトとして"生活のツール"として成立している。そしてECMらしいアートワークもよし。

もちろん音楽として楽しむことでも優れていて、大したことないステレオで聴いていても臨場感を味わえる仕上がり。この「地味で素直な音」というのが、ノイズの多い今の時代、外にいても家にいてもとてもしっくりくる。